電話(かける)応対編 文例


電話は要領よくかけることが大切です。

ビジネスで電話をかける時は「もしもし」は使いません。

まず、「いつもお世話になっております」という挨拶をして、自分の会社名と名前を名乗ります。


文例

普段の言い回し
もしもし、OO社の山本と言いますが、佐藤さんをお願いします。

⇒敬語変換
いつもお世話になっております。OO社の山本と申します。恐れ入りますが、佐藤課長いらしゃいますでしょうか

◎ポイント
 肩書きのある人にかける時は、必ず肩書きをつける。


「少々お待ち下さい」と、言われた時 はい
⇒はい、お願いいたします
 恐れ入ります

◎ポイント
 きちんとした言葉を返せれば、好感をもたれる。


今、いいですか?
⇒今、お時間よろしいでしょうか

◎ポイント
 相手の都合を聞くときの、基本的な表現、言い回し。


いつ戻りますか?(不在を告げられた場合)
⇒何時頃お戻りご予定でしょうか?

◎ポイント
 丁寧語を使う。


またあとで電話します。
⇒お戻りになる頃、こちらから改めてお電話いたします。

◎ポイント
 自分のことは「こちらから」と表現する。


OOの件を聞きたいのですが?(担当者がわからないとき)
⇒OOの件について伺いたいのですが、ご担当の方はいらしゃいますでしょうか?

◎ポイント
 担当者がわからないときは「ご担当の方」という表現を使う。

◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード