あいさつ編


誰もが気軽によく使う言葉に「どうも」があります。
挨拶やお礼を言うときなどでも「どうも」で済ます人がいますが、「どうも」だけでは挨拶にはなっていません。

「どうも」を使うのなら、「どうも、ありがとうございます」のように、「どうも」の後に言葉を付け加えましょう。
ただし、謝罪の場面では使ってはいけません。
「どうもすみませんでした」では軽すぎます。
謝罪する時は「どうも」の代わりに「誠に」という改まり語を使います。

「どうも」という言葉は、語源すらはっきりしていない不思議な日本語なので、ビジネスシーンでは多用しないほうが無難です。




「おはようございます」とあいさつしても、あいさつを返さない人はどこの世界にもいるものです。

だからといって、「この次からはしてやらない」などと思わないことです。

そういった人に限って自分のことを棚に上げて「あいつはあいさつも出来ないやつだ」と中傷するものです。

誤解や噂話というのは、いつもこういった些細なことから始まることが多いのです。

返礼がなくてもあいさつを続けるのが、大人の対応というもの。

マナーに対する姿勢を崩さずに続けていけば、なんの問題もありません。

また、会う人すべてにあいさつをしましょう。

自分の所属する部署の同僚や、上司だけにあいさつして、他の部署の人や守衛さんなどにはあいさつしない、ということのないようにしたいものです。



普段の言い回しor状況 敬語遣いの表現
 おはよう  おはようございます
 こんにちは  お疲れさまです
 こんばんは  お疲れさまです
 外出する時  OOへ行ってまいります
 (行ってきます)
 外出を見送る時  行ってらっしゃい(ませ)
 戻った時  ただ今戻りました
 戻ってきた人には  お帰りなさい、お疲れさまでした
 社外の人とのあいさつ  いつもお世話になっております
 帰ります  お先に失礼いたします(します)



しっかりとした言葉遣いを身に付けようと思うのなら、まず、きちんとしたあいさつを身に付けることが大切です。

あいさつがきちんとできる人は、それだけで社会人として一歩リードしたといえます。

最近は、きちんとあいさつができない人が増えているといいます。

自分ではきちんとあいさつしているつもりでも、上司や先輩から見ると不十分だ、と思われていることが多いのです。

きちんとあいさつが出来る事は、得をすることがあっても、損をすることは100%ありません。

しっかりとしたあいさつは、誰にでも出来ます。

経験や実績など、関係ありません。

今すぐに出来ます。

きちんとあいさつ出来れば、高感度UPまちがいなし!



あいさつは、「相手より先に」が基本です。

相手から声をかけられるのを待つのではなく、自分から声をかけることが大切です。

あいさつは「先手必勝」と、肝に銘じましょう。


きちんとあいさつするための3つのポイント

1.明るく元気よくあいさつする

2.相手の目を見て、笑顔であいさつ

3.会釈も忘れずに


あいさつが与える影響は非常に大きく、他社の方にきちんとしたあいさつが出来ないと、「あそこの社員は、あいさつひとつまともにできない」と思われ、あなた自身やひいては、勤め先の評判までも損ないかねません。


◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード