トップページ慣用句まちがい探しデッドロックに乗り上げて、怒り心頭に達した?

慣用句まちがい探し


どこが間違い?

交渉は、デッドロックに乗り上げてしまったようだ


会議などで話が行き詰まりを見せたときに、よく使われる表現です。

ここでの間違いの元は、「デッドロック」を「暗礁」のことと思い込んで、「暗礁に乗り上げた」という意味で使ってしまっていることです。

デッドロックの「ロック」は「錠」のことで、「開かない錠」がデッドロックの意味です。

つまり、「錠が開かない」から「前に進めない」ということなので、「乗り上げる」のではなく、「開かない扉」に「突き当たる」というのが正しい意味です。

よって、正しい使い方は「交渉は、デッドロックに突き当たってしまったようだ」になります。



どこが間違い?

部下のミス続きに、私は怒り心頭に達した


怒りが爆発して、血が頭の上までのぼりつめたというようなイメージがありますが、「心頭」とは頭のてっぺんではありません。

「心頭」は「心の中」や「念頭(胸のうち)」のことで、怒りが発生するところです。

怒りが心の中で発生する=「発する」ので、「達する」のではありません。

よって正しい使い方は「部下のミス続きに、私は怒り心頭に発した」になります。


トラックバックURL
◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード