トップページ慣用句まちがい探し照準を当てて、的を得る?

慣用句まちがい探し


どこが間違い?

今度の試験に照準を当てて、勉強します


スポーツ選手などのインタビューで「次の試合に照準を当てて、練習したいと思います」という言い方を聞いたことはありませんか?

「照準」とは弾丸が目標に命中するように「照準器」を合わせるという意味。
目標とする事柄に狙いを定めるという、広い意味で用いられるようになったと思われます。

「照準」は「合わせる」もので、「当てる」のは「弾丸」です。
したがって、正しい使い方は「今度の試験に照準を合わせて、勉強します」です。


どこが間違い?

それは、なかなか的を得た意見だ


この言い回し、よく耳にしませんか?
「的確に狙いをとらえた意見」という意味で使われていますが、この表現は誤りです。

言葉を分解すると、「的」は弓矢の標的のことで、「得る」物ではなくて「射る」ものです。
したがって、正しくは「それは、なかなか的を射た意見だ」となります。

平成15年度の「国語に関する世論調査」(文化庁調べ)で「的を射る」を正しいと選んだ人は、38.8%、「的を得る」を正しいと選んだ人は、54.3%で、間違い表現を正しいと思い込んでいる人がかなり多いことがわかりました。

「得る」を使った言い回しとしては、「当を得る」という言い方があります。
これは妥当、正当などの「要点をとらえた」という意味です。
「当を得る」と「的を射る」を混同しないように使いましょう。


トラックバックURL
◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード