トップページ慣用句まちがい探し慣用句とは?

慣用句まちがい探し

慣用句(かんようく)は古くから広く使われてきた、ひとまとまりの言葉・文句で、言い回し(いいまわし)ともいいます。

通常は二語以上の言葉が結びついており、それらではしばしば字面どおりの意味とは異なる意味をなす事が多くあります。

敬語の使い方が間違っていても気付かないように、この慣用句も多くの人たちが間違いに気付かないまま、普段当たり前のように使っていることが多いのです。

例えば… 「汚名挽回」「あとで後悔する」「恐らく大丈夫です」など、どこが間違っているかわかりますか?

何気なく使っている、間違いだらけの慣用句。

ビジネスシーンでもよく使われるだけに、正しい言い回しを覚えておきたいものです。


トラックバックURL
◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード