トップページビジネスマナーとテクニック名刺交換の正しい手順

ビジネスマナーとテクニック


名刺交換は相手に自分を知ってもらい、記憶してもらう絶好のビジネスチャンスです。

この名刺交換が正しく出来ないビジネスマンも、多く見かけます。

名刺交換が正しく出来ないと、相手に与える印象を悪くしてしまいます。

相手に失礼の無い様、正しい名刺交換をおぼえましょう。


名刺交換の手順

1.自分から名刺を交換する相手の1メートルぐらいの所まで近づく。この時、テーブルなどを間にはさまないようにする。

2.名刺は胸の高さに持ち、相手の目を見ながら、自己紹介をする。

3.相手の胸の高さに名刺を差し出して渡す。

4.相手の名刺を受け取る時は、「頂戴します」と言って、会釈をしながら受け取る。その際、相手の名前や会社名を指でふさがないように注意する。

5.相手の名刺は名前と肩書きが頭に入るまで、胸の高さで持つ。すぐにポケットにしまったり、名刺を持った手を下げたりしない。

6.相手の名前と肩書きを覚えたら、「失礼します」と言って、名刺入れに入れる。

トラックバックURL
◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード