トップページ接客の敬語編接客用語を正しく覚える

接客の敬語編


知らず知らずのうちに使っている、アルバイト用語とマニュアル敬語(商業敬語)

敬語として使われているものの中には、ビジネス敬語としてはふさわしくない言い回しが含まれている場合があります。

例えば、「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」などの、そのお店のマニュアル用語やアルバイト用語は、ビジネス敬語としては使えません。

その他、よく耳にするマニュアル敬語は「こちらが、メニューになっております」や「おしぼりになります」という言い回し。

どちらも丁寧な言い回しに聞こえますが、正しくは「メニューでございます」「おしぼりでございます」と、「ございます」をつけるのが正しい表現です。

このようなアルバイト用語やマニュアル敬語は「ファミ・コン言葉」(ファミリーレストランやコンビニエンスストアなどで使われ、広まった言い回し)とも呼ばれています。

最近では、このようなおかしな日本語の使い方を指摘する本や、マスコミなどでも取り上げられることが多くなっていますね。

接客のアルバイトの経験がある方は、何度も使った表現かもしれませんが、一度覚えてしまうとクセになってしまって、なかなか抜けなくなってしまいます。

アルバイト用語、マニュアル敬語は早く捨てて、正しい接客用語を身につけましょう。

トラックバックURL
◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード