トップページ社内の敬語編敬意レベルに応じて敬語を使い分ける

社内の敬語編


社内で先輩や上司と話すとき、どの程度の敬語を使えばいいのかな?と、悩んだときはありませんか?

毎日顔を合わせる上司や先輩に対して、「かしこまりました」「さようでございます」といった敬語を使うのは、違和感があってしっくりきませんね。

一口に敬語といっても、敬意のレベルは様々です。

相手がお客様や、社内の役員クラスの人であれば「ございます」や「かしこまりました」といった敬語を使うべきですが、社内で日常的に使う言葉は低い敬意レベルのことばを選んで使うほうが、親密感が生まれます。

トラックバックURL
◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード