よく使う敬語変換表一覧



日常語 変 換
 わたし、ぼく  わたくし
 わたしたち  わたくしども
 相手の会社  御社
 自分の会社  弊社、当社
 今日  本日(ほんじつ)
 明日(あした)  明日(みょうにち)
 後日(あさって)  明後日(みょうごにち)
 昨日の夜  昨夜(さくや)
 明日の朝  明朝(みょうちょう)
 明日以降  後日(ごじつ)
 今年  本年
 この間  先日
 その日  当日
 去年(きょねん)  昨年(さくねん)
 一昨年(おととし)  一昨年(いっさくねん)
 もうすぐ  まもなく
 いま  ただいま
 前に  以前
 あとで  後ほど
 すぐに  さっそく
 今度  このたび
 さっき  先程(さきほど)
 どこ  どちら
 こっち  こちら
 そっち  そちら
 あっち  あちら
 どっち  どちら
 ちょっと  少々
 とても  大変
 すごく  非常に
 どのくらい  いかほど
 少し  些少(さしょう)
 多い  多大
 〜ぐらい  〜ほど


お礼とお詫び編


普段の言い回しor状況 敬語遣いの表現
 ありがとう  ありがとうございます
 どうも  恐れ入ります
 ごめんなさい  失礼いたしました
 すみません  失礼いたしました
 間違えた
 迷惑をかけたとき
 申し訳ございませんでした
 謝りにきました  お詫びに参りました
 忘れていました  失念しておりました


お礼とお詫び編


お礼とお詫びは、あいさつの次に重要視されます。

お礼とお詫びがきちんと言える人は、それだけで「礼儀をわきまえたしっかりした人」と評価されます。

あいさつも同様ですが、このような評価が積み重なることで、信頼関係が築かれていくのです。


社会人、特にビジネスシーンでのお礼とお詫びは、普段当たり前のように使っている「ごめんなさい」や「すみません」という言葉は使いません。

代わりに「申し訳ございませんでした」「失礼いたしました」というフレーズが使われます。

取引先やお客様に「ごめんなさい」や「すみません」を使っていたら、相手方に「社員教育がなっていない」と思われかねません。

「申し訳ございませんでした」「失礼いたしました」という言葉は、慣れない内は少々大げさに聞こえたり、社内でのちょっとした出来事では、かしこまりすぎていて使いづらい場面もあると思いますが、馴染んでしまえばどうってことはありません。

探していたものを見つけてもらったときは、「どうも」ではなく、「ありがとうございます」、人の前を横切る時は「前を失礼します」と、きちんと言えるように早く馴染んでしまいましょう。

あいさつ編


普段の言い回しor状況 敬語遣いの表現
 おはよう  おはようございます
 こんにちは  お疲れさまです
 こんばんは  お疲れさまです
 外出する時  OOへ行ってまいります
 (行ってきます)
 外出を見送る時  行ってらっしゃい(ませ)
 戻った時  ただ今戻りました
 戻ってきた人には  お帰りなさい、お疲れさまで
した
 社外の人とのあい
 さつ
いつもお世話になっております
 帰ります  お先に失礼いたします(します)


あいさつ編

しっかりとした言葉遣いを身に付けようと思うのなら、まず、きちんとしたあいさつを身に付けることが大切です。

あいさつがきちんとできる人は、それだけで社会人として一歩リードしたといえます。

最近は、きちんとあいさつができない人が増えているといいます。

自分ではきちんとあいさつしているつもりでも、上司や先輩から見ると不十分だ、と思われていることが多いのです。

きちんとあいさつが出来る事は、得をすることがあっても、損をすることは100%ありません。

しっかりとしたあいさつは、誰にでも出来ます。

経験や実績など、関係ありません。

今すぐに出来ます。

きちんとあいさつ出来れば、高感度UPまちがいなし!



あいさつ編

あいさつは、「相手より先に」が基本です。

相手から声をかけられるのを待つのではなく、自分から声をかけることが大切です。

あいさつは「先手必勝」と、肝に銘じましょう。


きちんとあいさつするための3つのポイント

1.明るく元気よくあいさつする

2.相手の目を見て、笑顔であいさつ

3.会釈も忘れずに


あいさつが与える影響は非常に大きく、他社の方にきちんとしたあいさつが出来ないと、「あそこの社員は、あいさつひとつまともにできない」と思われ、あなた自身やひいては、勤め先の評判までも損ないかねません。



◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード