敬語の指針


文化審議会の国語分科会は、2007年2月2日に「敬語の指針」の答申を提出しました。

これまで、敬語は、「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3つに分ける考え方が一般的でしたが、今回の指針では、謙譲語と丁寧語がそれぞれ細かく分けられ、5分類となっているのが大きな特徴です。

敬語の5分類

敬語の指針1


尊敬語  
相手や話題に登場する人物について、また、その人側の物や動作、状態などを高めて表現する
「いらっしゃる」「なさる」「おいでになる」…など

謙譲語 
話題に登場する人物を低めることによって、その相手方の人を高め、敬意を表す謙譲語
「伺う」「差し上げる」「申し上げる」…など

謙譲語 
話題に登場する人物を低めることにより、聞き手に敬意を表す謙譲語
「申す」「まいる」「おる」「存じる」…など
 
丁寧語  
話し手の丁寧な気持ちを直接表現するために用いる
「です」「ます」「ございます」…など 

美化語  
表現の上品さ、美しさの水準を上げるために用いる
「お花」「お茶」「お料理」「ご近所」「ご祝儀」…など


改まり語
敬語に準ずるものとして、改まり語があります。
「今日」=「本日」 「こっち」=「こちら」 「さっき」=「先ほど」 「後で」=「後ほど」…など、普段使う言葉を改まった言い方にする言い回しです。

文化審議会…

文化庁に設置されている。文化庁は、文部科学省の外局で、文化や芸術などに関する行政事務を行う機関。

指針とはガイドライン的なもので、法律ではなく、強制力はありません。

敬語連結


二つ又は、それ以上の語をそれぞれ敬語にして、接続助詞である「」でつなげたものを、「敬語の指針」では「敬語連結」と呼んでいます。「二重敬語」と間違うことが多いので、注意します。

例・・・「お読みになっいらっしゃる」
⇒  「読んでいる」の「読む」を「お読みになる」、「いる」を「いらっしゃる」
   にしてつなげたもの。
   「読む」と「いる」という二つの語を別々に敬語に変換してつなげてい
   るので、いわゆる「二重敬語」には当たらない。


敬語連結その他の例
  ・お読みになっくださる
  ・お読みになっいただく
  ・御案内しさしあげる    

尊敬語(敬語の基本)

尊敬語は、尊敬の対象となる人の行為・ものごと・状態などについて、その人物(行為者)を立てて述べて、敬意を表します。

敬語の中では、もっとも敬語らしい敬語といえます。

一番重要な、覚えなくてはならない敬語です。



「部長が、書類を渡した
 ⇒「部長が、書類をお渡しになった
解説
 「部長」という行為者が、書類を「渡した」という行為に対しての敬語⇒「お渡しになった」

「社長も見たそうだ」
 ⇒「社長もご覧になったそうだ」


上記の例では、尊敬語である「お渡しになる」「ご覧になる」を使って、それぞれ「社長」「部長」に敬意をあらわしています。

尊敬語には、付け足し型と言い換え型の2パターンがあります。

尊敬語(敬語の基本)

いらっしゃる」は、相手側の行為についての尊敬語です。
応用範囲の広い言葉で、敬語の基本中の基本ともいえます。

「居る」という意味で使えば「課長は席にいらっしゃる」、「来る」という意味で使えば「こちらにいらっしゃいませんか」、状態を表す「ある」という意味で使えば「とても聞き上手でいらっしゃる」というように、広範囲に使えるとても便利な言葉です。

「いらっしゃる」と同様に「おいでになる」も同じような言葉ですが、これらの言葉がより丁寧になると、「まいる」「うかがう」になります。
「まいる」は「行く」「来る」、「うかがう」は「行く」だけに使います。

「うかがう」は「まいる」よりも丁寧な言い回しなので、これも敬語の基本の言葉といえます。


尊敬語(敬語の基本)

尊敬語や謙譲語の「お」と「ご」は、どちらをつけたらよいのか迷うことがあります。

一般的な付け方は、「お」は訓読みの言葉に、「ご」は音読みの言葉に付けられます。

ただし、「お電話」「ごゆっくり」などの例外もあります。

また、「お返事」と「ご返事」「お名刺」と「ご名刺」のように、どちらもよく使われる言葉もあります。


「お」が付く言葉

お名前、お住まい、お知らせ、お食事、お品、お勤め、お話、お招き、お気持ち

「ご」が付く言葉

ご氏名、ご住所、ご通知、ご進物、ご勤務、ご講演、ご招待、ご感想

尊敬語(敬語の基本)

敬語が難しく感じられる最も大きな要因は、尊敬語と謙譲語の区別のつけにくさです。

とくに、尊敬語の「お〜になる、ご〜になる」と「お〜する、ご〜する」はよく似ていて誤りやすもののひとつです。

この2つの見分け方のコツは、「なる」と「する」の違いを見きわめることです。

「なる」は、ひとりでにその状態に変わることを言います。

例えば、「夜が明けて朝になる」や「雪が溶けて川になる」というような、人の力の及ばない、大きな力による変化をさします。

一方、「する」は、人の動作を表しています。

尊敬語では、相手の動作や持ち物を「素晴らしいもの」として表現します。

つまり、相手の行為は、人が「する」ではなくて、大いなる力で「なる」と表されるのです。


相手が、お話になる。⇒ 尊敬語

自分が、お話しする。⇒ 謙譲語

この2つの違いを覚えておけば、尊敬語と謙譲語の見きわめがつけられるようになります。

◎使える!フレーズ集◎
【常套句】 じょうとうく
同じような場面で決まって用いられる文句。
決まり文句。
常套語とも言う。

言いにくいときの常套句≫

断りたい時の常套句≫


【社交辞令】 しゃこうじれい
世間づきあいを円滑にするために用いる、儀礼的なほめ言葉やあいさつ。
内実の伴わない空々しい言葉。
外交辞令とも言う。
「どうせ、社交辞令でしょ!」などと、悪く捉えることも多いが、ビジネスにおいては重要な要素のひとつでもある。

会った時には…≫

別れ際には…≫


【慣用句】  かんようく
二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すもの。
「油を売る」「あごを出す」の類。
イディオム。慣用語。

慣用句間違い探し≫
QRコード
QRコード